トイレのトラブル

水のトラブルで多い事例としては、トイレが挙げられるでしょう。
トイレが終わっていざ流そうとしたら、レバーを押しても水が流れない、タンク内に水が溜まらない、水の勢いが弱い、水の量が少ない、水を流す時に音がする、便座がガタガタ言うと言った、トイレに関するトラブルに対応してくれます。

タンクの水があふれてしまっているという事例を出すと、タンクの中には、止水栓があり、この調整によって、溢れてしまっている水を止めることが出来ます。
止水栓の役割は、故障した際の止水の為と、普段使う際の水の量の調整を行う為なのですが、トイレの修理をする際には、必ずこの止水栓を止めます。
マイナスドライバーを使って、時計回りに回すことで、しっかりと閉まります。
止水栓を閉めることで、溢れていた水が徐々に流れていき、なかなか流れない場合は、バケツ等で汲み取ります。

止水栓を調整して、タンク内の水位を確認しながら、オーバーフロー管の先から2,3センチ下程の水位になるように調整してください。
タンクのふたを閉めて、終了となります。

これが、トイレの水漏れやつまりの対処法ですが、自分で出来れば良いのですが、どうしても無理という方は、業者に依頼しましょう。