排水管工事の費用

水を使う箇所は錆びやすく、修理の頻度が高いということで、トラブルが多いのですが、特に排水管の修理はどれくらいの費用がかかるのか、心配な方も多いでしょう。

先ず、新しく設置する場合、どれくらいかかるのかについては、敷地や建物の大きさ等、その家その家によって違いがあるので、一概には言えませんし、どれくらい管を伸ばすのか、汲み取り式を水洗式にする場合と、浄化槽式を下水道に接続する工事等によって費用の程は違ってくるのです。

浄化槽の場合は、単独浄化槽であれば、水洗トイレなので、トイレ自体の改造は無く、大体20万前後かかり、下水への接続工事も含んできます。
又、その際には、下水登録業者への連絡も必要になってきますから、きちんと対処しておかないといけません。

その後の定期メンテナンスについては、薬品洗浄作業に6000円、台所排水管のワイヤー洗浄は、2万円前後、排水臭作業は、6000円、外部高圧洗浄作業に2万円以上となっています。
これが大体の平均値であり、業者によってはもっと安くなる場合もあるので、上手い交渉次第では、半値にまで値切りことが出来ますから、諦めず交渉を続けましょう。

水漏れ等、突然のトラブルの際に、いくらぐらいかかるのか事前に知っておいた方が、慌てることなく依頼出来るので、費用については、日ごろから確認しておきましょう。

風呂場のトラブル

お風呂場でよくあるトラブル事例ですが、洗髪による髪の毛の抜けや体毛の抜けが配管を詰まらせ、又、多くの水を使う場所なので、悪臭やハエが発生するなどのトラブルが多くなります。

特に髪の毛の長い女性がいる家庭や、家族が多い家は、こまめに掃除をする必要があり、特に排水口においては、ごみが詰まりやすいので、注意が必要です。
排水口から嫌なニオイがするという場合は、髪の毛等が絡まって詰まっている恐れがあるので、排水口フィルターや排水口に掃除機の口を当てて、一気にゴミを吸い取ってしまいましょう。
絡みついた髪の毛などのゴミが取れて、臭いの元が無くなるのですが、それでも臭いが取れない場合は、取り外しが可能な部分をクリーナーで洗浄すると、だいぶ臭いが取れてきます。

それでもどうしても臭いが気になるという方は、業者に頼むのが妥当でしょう。
団地やマンションでは、オーナーが依頼して、高圧洗浄サービスを定期的に行ってくれる所もあり、その場合、お風呂場だけでなく、トイレや流し等もお願いすることが出来るので、とても便利です。
又、一般の戸建てでも、定期洗浄サービスを行ってくれる業者もありますので、ぜひとも探してみると良いでしょう。

トイレのトラブル

水のトラブルで多い事例としては、トイレが挙げられるでしょう。
トイレが終わっていざ流そうとしたら、レバーを押しても水が流れない、タンク内に水が溜まらない、水の勢いが弱い、水の量が少ない、水を流す時に音がする、便座がガタガタ言うと言った、トイレに関するトラブルに対応してくれます。

タンクの水があふれてしまっているという事例を出すと、タンクの中には、止水栓があり、この調整によって、溢れてしまっている水を止めることが出来ます。
止水栓の役割は、故障した際の止水の為と、普段使う際の水の量の調整を行う為なのですが、トイレの修理をする際には、必ずこの止水栓を止めます。
マイナスドライバーを使って、時計回りに回すことで、しっかりと閉まります。
止水栓を閉めることで、溢れていた水が徐々に流れていき、なかなか流れない場合は、バケツ等で汲み取ります。

止水栓を調整して、タンク内の水位を確認しながら、オーバーフロー管の先から2,3センチ下程の水位になるように調整してください。
タンクのふたを閉めて、終了となります。

これが、トイレの水漏れやつまりの対処法ですが、自分で出来れば良いのですが、どうしても無理という方は、業者に依頼しましょう。